合説の活用方法や気をつけたいこと

バナー

合説の活用方法や気をつけたいこと

合説といえば皆さんもご存知の合同説明会のことですよね。

様々な会社がホテルなどに集まってブースごとに説明をしてくれます。

その際に、資料やうちわなどをもらい説明を聞くのですが、どちらかというと会社の表面的なアピールが多く、深い話は会社説明会に来てくれたらしますというスタンスをとっているようです。

まだ就活を初めて日が浅い方やどんな会社があるのかわからずとにかくたくさんの会社の話を聞きたいというときには是非合説のシステムを活用しましょう。
このときに注意したいのが、何も準備せずに行くのはやめましょう。
事前にどんな会社が出席しているかチェックし、一度ホームページなどを見て興味のある会社をピックアップしておくことが大事です。

当日は大勢の就活生が一気に会場に入るため、初めは圧倒されるかもしれませんが、早めに受付を済ませてどこに何の会社があり、どの順番で回るかを考えておくとスムーズに進めることができます。

合同説明会で担当者と対話しなければわからないことはたくさんあります。

それぞれの説明の時間はある程度長いため、ずっと集中して聞くことはなかなか難しいですので、適度に休憩を取るようにしましょう。

休憩スペースやお茶を用意してくれている場合もありますが、自分で用意していくほうが良いと思います。

合説では、気合を入れすぎても疲れるだけなので、むしろいろんな会社を知るチャンスだという軽い気持ちで臨むようにしましょう。

合同説明会の一番のメリットは見て回れる企業の数です。

もちろん気を抜きすぎたり失礼な態度をとるのはだめですが、就活は長い闘いなので、とにかく疲れないようにすることが大切です。