収入があるときと無いときでは行える債務整理が異なる

過払い金があるときは弁護士に債務整理の相談ができる

債務整理とは借金の支払い義務を無くしたり、貸金業者への返済金額を少なくするなどの対応を行うことで、債務者が借金問題を解決を行って人生の再建をするための法的手続きのことを指します。

借金の問題に対応するための法的手続きが存在していることを知らなければ、高い金利で返済をし続けることを余儀なくされて、いつまでたっても債務の元本を減らせない可能性があります。



貸金業者からの融資に関しては、利息分の支払いが大きくなる特徴があるために、なかなか元本を減らすことができずに支払いが長期化する傾向があります。



貸金業者から融資を受けている期間が5年以上にのぼっている債務者の場合には、利息制限法の上限金利を超えた金利での支払いを行っている期間が発生している可能性があります。



万が一、利息制限法で定められている利率以上の金利での支払いをしているときは、現在の法律で決められている利率に基づいて借金額を確定させる必要があります。



払いすぎている利息分があると疑念を持っている人の場合には、いち早く法律事務所に相談することがおすすめです。

過払い金の返還請求に関しても債務整理の一環として、手続きを弁護士に依頼できます。

弁護士に債務整理の依頼を行うことで、貸金業者との取引を開始した時点に遡って調べることが可能で、任意整理の手続きを行いながら過払い金返還請求の手続きを同時に進めることも可能です。



払いすぎている金利の支払い分が借金額そのものを超えるときには、借金の支払いを終了させることができる場合もあります。



    関連リンク

    • 債務整理における個人再生とは

      債務整理にも様々な手法がありますが、任意整理と自己破産の中間に位置するものが個人再生となります。基本的には自己破産に近い形での債務整理となりますが、債務を全て放棄するわけではなく、その1/5を返済することが条件となります。...

      detail
    • 過払い金があるときは弁護士に債務整理の相談ができる

      債務整理とは借金の支払い義務を無くしたり、貸金業者への返済金額を少なくするなどの対応を行うことで、債務者が借金問題を解決を行って人生の再建をするための法的手続きのことを指します。借金の問題に対応するための法的手続きが存在していることを知らなければ、高い金利で返済をし続けることを余儀なくされて、いつまでたっても債務の元本を減らせない可能性があります。...

      detail