収入があるときと無いときでは行える債務整理が異なる

民事再生はメリットの大きい債務整理の手続きです

借金に苦しんでいるときには、弁護士に相談することによって債務整理をしたいと考えている方もいると思います。

債務整理にはいくつかの種類がありますが、その中で比較的新しい手続きとして民事再生があります。



民事再生は弁護士に依頼することが可能な債務整理の手続きですが、依頼を行う大きなメリットとして訴訟代理権というものがあります。



民事再生の手続きを行える法律の専門家としては、弁護士以外にも司法書士も行えますが、司法書士の主な業務は書類の作成で訴訟代理権は有していません。



ですので、司法書士に民事再生の依頼を行ったときには、地方裁判所での手続きを行う必要があるときには、債務者本人が出向しなければならなくなります。



弁護士に依頼しておくことで、弁護士に地方裁判所における申し立ての手続きを任せることが可能になるために、債務者の負担を大幅に軽減させられるメリットがあります。


民事再生の手続きでは、借金の元金の部分を大きく減額してもらうことになって、住宅や自動車などの保有している財産について失う心配もありません。



このために通常の日常生活を継続しながら借金問題に対応することができて、経済的にも余裕を持って借金返済のための計画を立てることが可能になります。



債務整理には自己破産もあって、破産の手続きを行ったときには警備員などの一定の職業に就くことができなかったり、資格の制限のデメリットを受けることになりますが、民事再生の場合には特定の職種に就けないことや資格制限などを受けることはありません。

    関連リンク

    • 債務整理における個人再生とは

      債務整理にも様々な手法がありますが、任意整理と自己破産の中間に位置するものが個人再生となります。基本的には自己破産に近い形での債務整理となりますが、債務を全て放棄するわけではなく、その1/5を返済することが条件となります。...

      detail
    • 過払い金があるときは弁護士に債務整理の相談ができる

      債務整理とは借金の支払い義務を無くしたり、貸金業者への返済金額を少なくするなどの対応を行うことで、債務者が借金問題を解決を行って人生の再建をするための法的手続きのことを指します。借金の問題に対応するための法的手続きが存在していることを知らなければ、高い金利で返済をし続けることを余儀なくされて、いつまでたっても債務の元本を減らせない可能性があります。...

      detail